スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by N@。
 
[スポンサー広告
犬税。
ミニチュアダックスはドイツの犬。
一応、Pulseにもドイツの血が流れているわけだ。
でも、とてもじゃないけど純日本犬っぽぃのが現実ですが…��


そんなドイツのペット事情のお話を見つけました。



ドイツの犬事情。
犬税。
ドイツの一般市民は犬を飼うために税金を払わなければいけない
犬税は地方自治体の税収になっていますが、犬の糞清掃のために使われているのではない。
無責任な飼主を減らす為に導入された税制です。

(参考)ドイツでは犬に十分な飼育スペースや運動、飼い主との交流、しつけを与える法律的義務が飼い主に課せられています。
違反すると動物虐待罪に問われます。
また自治体によって違いますが、犬1頭につき年間70ユーロ(約9千100円)から140ユーロ(1万8千200円)程度の犬税を収めなければなりません。
この犬税は多く飼うほど割高になります。
これは犬の繁殖、売買を防ぐ目的があります。
また外出時に犬は登録番号をつけることが義務づけられています。

衝動買いと金目当ての繁殖を防ぐ為に、ペットショップなどで生きた犬猫を販売することも禁じられています
犬が欲しい人は、各犬種の犬協会等に問い合わせ、予約してその後、産まれたら買うことになっています。
また、生後2か月以内の子犬を親犬から離すことも禁じられている為、犬を予約してから長い時間がたった後、実際に犬を飼うことができるようになります。
また、未成年者は動物を購入することが禁じられています。

ブログ『ずばり一言』から抜粋させて頂きました。



悪質ブリーダーや知識のない人の繁殖が多い現在、
日本もこれくらいのことをすぐにやらないといけないと思います。
それだけ動物を飼うことに責任を持ってほしいです。
スポンサーサイト
Posted by N@。
comment:0  
[Information
comment
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。